「めっちゃ惜しい」61発未遂の大飛球を放ったジャッジに現地メディアが悲鳴「ヤンキース史上最も劇的な本塁打のはずが...」

「めっちゃ惜しい」61発未遂の大飛球を放ったジャッジに現地メディアが悲鳴「ヤンキース史上最も劇的な本塁打のはずが...」

  • THE DIGEST
  • 更新日:2022/09/23
No image

アメリカン・リーグ最多本塁打(61本)まであと1本に迫るアーロン・ジャッジ(ニューヨーク・ヤンキース)。そんな彼が球史を塗り替える瞬間を待ちわびるファンは多い。

現地時間9月22日、本拠地で行なわれたボストン・レッドソックス戦では、そんなファンが興奮する瞬間があった。「1番・右翼」で出場したジャッジは、2打数無安打、3四球、1三振で61年ぶりとなる偉業はお預けとなったのだが、あと僅かで本塁打という惜しいシーンがあったのだ。

第4打席まで四球、四球、空振り三振、四球とボールを前に飛ばせずにいたジャッジ。そして4対4の同点で迎えた9回裏に第5打席が回ってくると、相手右腕マット・バーンズの95.8マイル(約154.1キロ)の4シームを高々と打ち上げる。球場のファンからは歓声が上がったものの、打球はフェンス手前で失速して僅かに届かず……。中堅手が難なくキャッチした。

【動画】あとひと伸び!61号を逃したジャッジの大飛球をチェック

サヨナラの局面での飛球に、球場全体からも大きなため息が漏れた。そんなシーンを目の当たりにした米放送局『WTAJ-TV』のスポーツ記者ライアン・リスキー氏は、「61本塁打目がレッドソックス戦でサヨナラ弾だったら、本当に相応しかったのに。めっちゃ惜しい」と無念さを記した。
また、米紙『New York Post』は、未遂で終わった61発について「月に向かってボールを打ち上げ、桁外れの強打者であることを世界に示した」「ヤンキース史上最も劇的な本塁打のはずが、突然、誰も見たことがないような最も強い飛球のひとつになった」と評している。

またアーロン・ブーン監督は、試合後「素晴らしい打席だった。モニュメントパーク(ヤンキースタジアム)で打てれば、かなり印象的になると思った」と称えたと同紙は伝え、敵将のアレックス・コーラ氏も「これこそMVPだ」と賛辞を贈った。

間もなく閉ざされた扉が61年ぶりに開くだろう。ヤンキースファンは言うまでもなく、世界中の野球ファンがそのときを待つ。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】「ジャッジは甘い球が多いから打てる」は誤り。他の誰よりも“誤審”と戦いながら三冠王も狙う凄み

【関連記事】「正気の沙汰じゃない!」大谷翔平の“規格外”の投球に反響止まず! 米記者たちが「本当に凄い男だ」と感嘆

【関連記事】ゲレーロJr.のジャッジ推挙に米識者が異論! 辛辣内容に非難の声も「オオタニはどういうわけか過小評価されている」と主張

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加