小学生向け天文ミニレクチャー「ほぼ皆既の部分月食」11/2

小学生向け天文ミニレクチャー「ほぼ皆既の部分月食」11/2

  • リセマム
  • 更新日:2021/10/14
No image

小学生向け天文ミニレクチャー第13回「ほぼ皆既の部分月食を見よう!」

もっと画像を見る
国立天文台(NAOJ)は2021年11月2日、小学生向け天文ミニレクチャー第13回「ほぼ皆既の部分月食を見よう!」をYouTubeにて開催する。配信終了後はアーカイブを視聴できる。

今回が第13回となる小学生向け天文ミニレクチャーでは、「ほぼ皆既」の部分月食とはどういうことなのか、11月19日に起こる月食の時刻や見え方、月食が起きる仕組み等について、約10分でわかることを目指して解説する。

講師は国立天文台天文情報センター准教授で天文情報センター長・広報室長の山岡均氏、進行は国立天文台ハワイ観測所研究支援員の中島静氏が務める。部分月食についての質問はチャット欄にて受け付け、番組中に講師が回答する。

配信日時は11月2日午後4時から4時20分(予定)。終了時刻は延長する可能性がある。配信終了後はアーカイブを視聴できる。

◆小学生向け天文ミニレクチャー第13回「ほぼ皆既の部分月食を見よう!」
日時:2021年11月2日(火)16:00~16:20(予定)
※終了時刻は延長する可能性がある
※配信終了後はアーカイブを視聴できる
形式:オンライン(YouTube)

桑田あや

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加