新日本・オスプレイ 鷹木と大激闘V1「オレはこの団体の未来」東京Dでオカダ戦決定

新日本・オスプレイ 鷹木と大激闘V1「オレはこの団体の未来」東京Dでオカダ戦決定

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/05/05
No image

鷹木信悟(手前)の挑戦を退けて勝ち名乗りを受けるオスプレイ(新日本プロレス提供)

「プロレス・新日本」(4日、福岡国際センター)

IWGP世界ヘビー級選手権試合が行われ、王者のウィル・オスプレイが挑戦者の鷹木信悟を破って初防衛に成功。5月29日の東京ドーム大会でオカダ・カズチカと2度目の防衛戦を行うことが決まった。

オスプレイは4月4日に飯伏幸太から王座を奪った後、オカダを挑戦者に指名したが、鷹木が割り込んで挑戦を表明して実現した一戦。2人は過去3度対戦してオスプレイの2勝1敗。すべて壮絶な戦いとなったが、今回はそれらを上回る大激闘となった。

オスプレイは鷹木の左腕を集中攻撃して優位に試合を進め、雪崩式スパニッシュフライ、シューティングスタープレスなどの大技も繰り出して追い込む。だが、鷹木に場外に2台並べた机に断崖式のメイド・イン・ジャパンでたたきつけられて背中から出血するほどのダメージを受け、猛反撃に遭う。

鷹木式GTR、左腕の痛みをこらえての龍魂ラリアット、自身の得意技オスカッター、パンピングボンバーを続けざまに浴びるがカウント3は許さず。そこから、目まぐるしい技の読み合い、無数のエルボー、チョップ、頭突きを繰り出す激烈な打撃戦を展開。最後は鷹木の必殺技ラスト・オブ・ザ・ドラゴンを見舞われるピンチに陥ったが寸前で逃れ、オカダのお株を奪うレインメーカー、後頭部へのエルボーのヒドゥン・ブレイドをたたき込みむと、最後はストームブレイカーで44分53秒の戦いにピリオドを打った。

試合後、率いるユニットのユナイテッドエンパイアの面々と並び立ってマイクを持ったオスプレイは「鷹木、ありがとう。オレの初防衛戦の踏み台になってくれて感謝している」と皮肉のメッセージ。「オレがレッスルキングダム(今年1月4日の東京ドーム大会)でオカダに負けたとき、みんなはユナイテッド・エンパイアはおしまいだと言った。でも、今のオレたちを見ろ。かなり強いだろ。前のオレの方がよかったという声が聞こえても、お前らの意見なんて気にもしていない。オレにとって価値があるのはユナイテッド・エンパイアのメンバーとIWGP世界ヘビー級のベルトだけだ。オカダを倒して雪辱を果たす」と宣言した。

そして、最後は盟友グレート‐O‐カーンがマイクを譲り受け、「今宵限り許してやる。愚民も帝国民も面を上げろ。神(飯伏)を殺し、龍(鷹木)を討ち、次は何を狙う。帝国は欲しているのは酒、女、そして金だ!東京ドームでオカダ・カズチカを処刑し、新日本プロレスの宝、資産をすべて強奪してやる」と予告した。

インタビューでのオスプレイは「この団体はオレなしでは回らない。オレはこれからも、この壊れた背中で団体を担いで進んでいく。目標達成のためなら痛みにだって耐える。オレはこの団体の未来だ」と主張。最後は、出場選手に発熱があった影響で今大会は欠場となったオカダへ向けて、「お前が新日本の顔だった時代はもう過去のものだ。今はオレたちユナイテッド・エンパイアが中心に立っている。オレはその時その時の最強の相手と戦いたい。オレはウィル・オスプレイ。オレはレベルが違う」と豪語した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加