ヤクルト、2位指名の明大・丸山和郁にあいさつ/ドラフト

ヤクルト、2位指名の明大・丸山和郁にあいさつ/ドラフト

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/10/14
No image

ヤクルトから指名のあいさつを受けた明大・丸山(左)。右はヤクルト・伊東編成部長(撮影・赤堀宏幸)

ヤクルトからドラフト2位で指名された明大・丸山和郁外野手(22)が14日、東京・府中市の明大合宿所で、ヤクルト・伊東昭光編成部長、橿渕聡スカウトグループデスクから指名のあいさつを受けた。

伊東編成部長は、「編成上、どうしても足の速い外野手ということで、2位で指名させていただいた」と説明し、高津監督のメッセージ入りのドラフト会議参加時のパスを渡された。

丸山は、「指名のときは、まだ実感がわかなかったけど、来ていただき、実感がわいた。高津監督からのパスは、めっちゃうれしいものになった。今は(東京六大学)リーグ戦のことで頭がいっぱいだけど、来年は早く1軍で活躍し、将来は子供が『丸山のようになりたい』という選手になれるようにしたい」と目を輝かせた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加