110mH日本記録保持者・泉谷駿介が1年ぶり走幅跳で7m70を跳び決勝へ/全日本実業団

110mH日本記録保持者・泉谷駿介が1年ぶり走幅跳で7m70を跳び決勝へ/全日本実業団

  • 月陸Online
  • 更新日:2022/09/28
No image

◇第70回全日本実業団対抗選手権(9月23~25日/岐阜・長良川)1日目

全日本実業団対抗選手権1日目に行われた男子走幅跳予選に、110mハードル日本記録保持者の泉谷駿介(住友電工)が出場。1回目に7m70(-0.9)をマークして全体トップで明日の決勝進出を決めた。

泉谷は110mハードルで13秒06の日本記録を持ち、昨年の東京五輪、今年のオレゴン世界選手権代表で準決勝に進出している。走幅跳では7m92が自己記録で、追い風参考では8m09(+3.8)をマーク。走幅跳の出場は昨年の日本インカレ(7m73で3位)以来だった。

月陸編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加