黒木華&JUMP中島裕翔が初共演でダブル主演!舞台「ウェンディ&ピーターパン」

黒木華&JUMP中島裕翔が初共演でダブル主演!舞台「ウェンディ&ピーターパン」

  • テレ朝news
  • 更新日:2021/05/02
No image

女優の黒木華(31)と「Hey! Say! JUMP」の中島裕翔(27)が、今夏上演の舞台「ウェンディ&ピーターパン」にダブル主演し、初共演を果たす。

イギリス・スコットランドの作家、ジェームス・マシュー・バリーが20世紀初頭に書いた世界的傑作戯曲「ピーターパン」を、ウェンディの視点から翻案した作品。英国で2013年に初演、15年に再演され、今回が日本初上陸となる。

黒木は「どんな舞台になるのかとても楽しみです。色々な不安が漂う今だからこそ、夢や、想像力が必要なのではないかと感じます。皆さんに、ティンクからの魔法の妖精の粉を届けられるよう頑張ります」とコメント。中島は「まさか自分がピーターパンを演じる事ができるとは思ってもみなかった」と驚きも。「笑いあり涙ありのエンターテインメントです。…と一言で表すのは難しい内容ですが、切ない笑いや、うれしい涙、ほろ苦さも感じられる、大人が楽しめるピーターパンという印象」と語り、「ピーターパンと言えば『子どものままでいたい』と願う、天真爛漫(らんまん)な男の子のイメージなので、その中にある大人になる事や、大人そのものに対する彼の複雑な経験、葛藤、彼なりの現実との向き合い方を考察して、童心に返って演じたい」と意気込みを語っている。

フック船長&ミスター・ダーリングを堤真一、ウェンディの弟たちを平埜生成、前原滉、ティンクを富田望生、タイガー・リリーを山崎紘菜、海賊・スミーを玉置孝匡、ミセス・ダーリングを石田ひかりが演じる。

8月13日から東京・渋谷のBunkamuraオーチャードホールで。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加