古くから死罪や晒し首の舞台となっていた処刑場「三条河原」に散った侍たち【後編】

古くから死罪や晒し首の舞台となっていた処刑場「三条河原」に散った侍たち【後編】

  • Japaaan
  • 更新日:2021/01/19

古来より処刑や晒し首の舞台とされてきた京都の「三条河原」。今回は【前編】に続き、三条河原に散った侍達をご紹介する。
前編の記事はこちら

古くから死罪や晒し首の舞台となっていた処刑場「三条河原」に散った侍たち【前編】

三条河原で処刑・晒し首となった代表的な人物
石田三成
豊臣家家臣として秀吉に仕えた戦国大名である石田三成。秀吉の死後、対立した徳川家康との間で関ヶ原の戦いが勃発する。善戦した三成

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加