越後線“橋の上で4時間”立ち往生 客救出の方法は

越後線“橋の上で4時間”立ち往生 客救出の方法は

  • テレ朝news
  • 更新日:2021/05/03
No image

動画を見る(元記事へ)

2日午後2時前、新潟市の鉄橋で、JR東日本の越後線が、走行中に何らかの原因でブレーキが作動し、4時間にわたって立ち往生しました。

乗客87人が乗っていましたが、橋の上ということで、降りることができません。

乗客をどうやって救出するか、検討した結果、右手からやって来た後続の列車が、止まっている列車の正面につけたかと思うと、連結を始めました。

そして、後続の列車に押される形で次の駅に移動し、乗客を降ろしました。

JR東日本は、列車のブレーキが作動した原因を調べています。

(「グッド!モーニング」2021年5月3日放送分より)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加