20代の保育士が絶望...「定時に帰った」だけでイジメられる“理不尽すぎる職場”

20代の保育士が絶望...「定時に帰った」だけでイジメられる“理不尽すぎる職場”

  • 現代ビジネス
  • 更新日:2021/11/25
No image

近年「大人のいじめ」が深刻な問題になっている。

厚生労働省の統計によると、「いじめ・嫌がらせ」に関する労働相談が、ここ10年で2倍に激増。

労働問題に取り組むNPO法人「POSSE(ポッセ)」を立ち上げ、膨大な数の「いじめ・嫌がらせ」に関する相談を受けてきた坂倉昇平氏がその実態を、近著『大人のいじめ』(講談社現代新書)をもとに解説します。

No image

「残業はない」はずだったのに…

ケース3 定時退社を理由に「雑用係」に

20代のDさんは、社会福祉法人が経営し、数十人の子どもを預かる認定こども園に、正社員の保育士として就職した。採用面接では「残業はない」と聞かされており、働きやすい保育園だと思っていた。

ところが入社して、実際に定時で帰宅すると、翌日に先輩保育士たちから「いいご身分ね」と嫌味を言われ、いじめが始まった。「新人の役割だから」という理由で、毎日、休憩時間になると職員全員に緑茶や紅茶、コーヒーなど希望の飲み物を聞いてまわり、コップや湯吞みについで運ぶという「雑用係」をさせられるようになった。当然、Dさんの休憩時間は削られる。

しかも、残業なしと言われたのは真っ赤な噓で、正社員の保育士たちは書類を書くために毎日3~4時間の残業をするのが普通で、Dさんも先輩の「指導」を受けて、それに従わざるを得なかった。

約束と違う長時間残業と、それを発端とする先輩からのいじめ。納得できなかったが、自分で声を上げるのは怖かったため、夫に相談した。夫が園に何回か電話をかけてくれたが、そこにいるはずの園長も主任も「不在」を続けて逃げ回り、いじめを放置した。3ヵ月ほど働いたが、Dさんは退職を決意した。

小さなグループに分かれていがみ合う

ケース4 職員同士が対立して行事も失敗

新卒の正社員としてEさんが就職したのは、100人を超える園児を預かる大規模な認可保育園だった。驚いたことに、ここでは約30名いる保育士たちは小さなグループや個人に分かれて、それぞれの人格や仕事ぶりについて悪口を言い合っていた。いじめ合戦ともいうべき状態で、この対立がヒートアップすると、まだ数ヵ月しか勤めていないEさんは黙ってやり過ごすしかなかった。

保育士の間では、仕事をする上で最低限必要な意思疎通すらできていなかった。通常の保育もさることながら、運動会などの行事になると、分担していたはずの業務ができていないことから、保護者もいる前で職員同士が喧嘩のようになってしまう。Eさんは、近いうちに事故が起きて、園児に怪我をさせてしまうのではないかと心配でしょうがないという。

保育士たちがギスギスしているのは、単なる人間関係の問題ではなかった。背景には、人員不足と長時間の未払い残業があった。この園でも、国の配置基準ちょうどの職員数しかいないため、保育士が一人欠けただけでも、園がまわらなくなってしまう。もちろん休憩も取れない。

この園では一応残業代は出るのだが、支払われるのは18時までという決まりがあった。仕組みとしては、タイムカードがない代わりに、出勤時間と退勤時間を記入する出勤簿があるのだが、退勤時間がどれだけ遅くなっても18時と書くように指示される。

シフトの拘束時間は、就業時間8時間と、実際は取得できていない休憩1時間の、合わせて9時間。そのため、園児が登園する時間帯を担当する早番の保育士は、朝7時半から16時半までがシフトの拘束時間となり、残業した場合はそこから18時まで、つまり最大1時間半分の残業代が支払われる。しかし、遅番の保育士は、9時出勤のため、どれだけ残業しても退勤時間は18時と記入せねばならず、残業代は一円ももらえない。

その一方で、人手不足のため一人当たりの業務量は多く、みんな書類仕事などで毎日2~3時間の残業をしている。Eさんも、22時まで残って作業することがあった。しかし、園の決まりで、残業代はほとんど支払われない。そのため、早く帰れないことを互いのせいにして、ストレスをぶつけ合う悪循環が生じていたのだ。園長や経営者は人件費削減を優先し、職員同士の対立や、意思疎通もできない職場環境は放置されたままだ。

ケース5 「可愛いからって許されると思うなよ」

社会福祉法人が経営する園児100人ほどの大規模な認可保育園に、新卒未経験で就職した20代のFさん。採用面接のとき、入社1年目は、先輩の保育士について勉強すると言われて安心していた。

ところが、園内には、配置基準ギリギリの人数の職員しかおらず、そんな余裕はなかった。前の年の離職者も多かったようで、Fさんは4月から、いきなり幼児十数人の主担任を任されることになった。園長に相談して、新人で経験もなく無理だから辞めたいと相談したところ、「もう少し頑張ろう」と励まされるだけだった。

そして、Fさんをさらに厳しい事態が襲う。その経緯は【後編】「「可愛いからって許されると思うなよ」20代保育士が職場でかけられた「驚きの暴言」」でお伝えしよう。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加