NEW
ロゴとアプリ版リニューアルのお知らせ
中村獅童が17キロ減量 共演者もザワザワ

中村獅童が17キロ減量 共演者もザワザワ

  • シネマトゥデイ
  • 更新日:2021/07/21
No image

減量を明かした中村獅童

中村獅童が20日、都内で行われた映画『孤狼の血 LEVEL2』完成披露プレミアイベントに出席。主演を務める松坂桃李が、かなりの減量をして作品に臨んだことが話題にあがると、中村も映画の撮影時より17キロも減量したことを明かし、会場を沸かせた。イベントには鈴木亮平村上虹郎西野七瀬斎藤工早乙女太一滝藤賢一吉田鋼太郎白石和彌監督、原作者の柚月裕子も出席した。

柚月の小説を白石監督が映画化し、各映画賞で高い評価を受けた『孤狼の血』(2018)の3年後をオリジナルストーリーで描く本作。亡くなった大上章吾(役所広司)の遺志を継ぎ広島の裏社会を取り仕切るようになった刑事・日岡秀一(松坂)が、刑務所から出てきた上林組組長・上林成浩(鈴木)と壮絶な抗争を繰り広げる。

中村は、前作で大上の違法捜査を取材した安芸新聞社の記者・高坂隆文役として再登場。今作では、裏社会との結びつきを疑い日岡をマークするが、日岡役の松坂に対して「前作では一緒のシーンがなかったのですが、今回ご一緒して、すごくシャープに作り込んできましたね」と印象を述べた中村は、「僕もこの時の撮影から17キロも絞っているのですが、誰も気づいてくれないんです。結局は変わっていないんですかね」と苦笑い。すると松坂は「ヒゲの量がすごいから分からないんじゃないですかね」と気づかい、MCを務めたケンドーコバヤシも「痩せましたね」とその変化に触れていた。

また、中村は本作で日岡を苦しめる上林を演じた鈴木について「クランクイン初日に鈴木亮平さんとご一緒したのですが、本当に怖くて、足が震えました」と発言。早乙女も、ジャージ姿にマスクをして現れた鈴木の佇まいに「広島のやべー奴が来たと思って怖かった」と鈴木の徹底した役づくりを物語るエピソードを明かしていた。

個性的な登場人物が躍動する本作。白石監督は「これだけの俳優の熱量と、一流の映画人たちの技術が詰め込まれたスーパーエンターテインメントを楽しんでほしい」と期待をあおると、主演の松坂も「無条件にパワーとエネルギーをもらえる映画になったと思っています」と作品の出来に胸を張っていた。(磯部正和)

映画『孤狼の血 LEVEL2』は8月20日より公開

シネマトゥデイ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加