鹿島が水戸に競り勝ち開幕戦へ弾み、上田が決勝PK

鹿島が水戸に競り勝ち開幕戦へ弾み、上田が決勝PK

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/02/21
No image

鹿島FW上田綺世(2020年12月12日撮影)

<練習試合(45分×2本):鹿島2-1水戸>◇21日◇カシマスタジアム

鹿島アントラーズがJ2水戸ホーリーホックと無観客で練習試合を行い2-1で競り勝った。

1本目の18分、鹿島はMF永木のプレスで相手のミスを誘い、FWエヴェラウドがドリブルで持ち上がりシュート。先制に成功した。水戸は2本目の26分、右サイドを崩し同点に追いつくも、直後の36分にハンドからPKを献上。鹿島FW上田がPKを右隅に決め勝ち越した。鹿島はキャンプから4試合の練習試合を不敗で終え、27日のホーム開幕戦・清水エスパルス戦に向け弾みをつけた。水戸は、出場選手が登録の背番号と違う番号を背負ってプレーし、情報のシャットアウトへ気を使っていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加