札幌2歳女児衰弱死 元交際相手に懲役13年の判決

札幌2歳女児衰弱死 元交際相手に懲役13年の判決

  • テレ朝news
  • 更新日:2020/10/16
No image

動画を見る(元記事へ)

2歳の女の子を衰弱死させるなどの罪に問われた男に懲役13年の判決です。

札幌市中央区の藤原一弥被告(25)は去年5月から6月にかけて当時、交際していた池田莉菜被告の長女・詩梨ちゃんの頭を殴るなどして大けがをさせたうえ、放置して衰弱死させた罪に問われています。16日の裁判で札幌地裁は傷害致死罪の成立は認めなかったものの「助けを求められないまま、孤独のまま死んでいくのはあまりに哀れ」として、懲役13年を言い渡しました。裁判で弁護側は無罪を主張していました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加