干支「寅」にちなんだ海の生き物を紹介 渋川マリン水族館【岡山・玉野市】

干支「寅」にちなんだ海の生き物を紹介 渋川マリン水族館【岡山・玉野市】

  • RSK山陽放送ニュース
  • 更新日:2022/01/16

今年の干支「寅」にちなんだ海の生き物を紹介する企画展が、玉野市の水族館で開かれています。

No image

干支「寅」にちなんだ海の生き物を紹介 渋川マリン水族館【岡山・玉野市】

小型でおとなしいですが、名前はトラザメです。
渋川マリン水族館には180種類の海の生き物が展示されていて、そのうち、今年の干支「寅」にちなんだ5種類が詳しく紹介されています。
トラウツボは、トラのような斑紋と迫力ある表情が特徴です。
漢字で「虎」の「魚」と書くオコゼ。
ハモは「虎」の「鰻」と書いて中国名で「虎鰻」です。

(渋川マリン水族館 岡秀彦館長)
「十二支全部該当する海の生き物がいまして。年賀状に使っていただいたりとか、すごく反応はいいですね毎年」

企画展「海の寅はどんな寅」は今月31日まで開かれています。

RSK山陽放送

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加