Vリーグ初「スコートユニ」の姫路は開幕戦黒星

Vリーグ初「スコートユニ」の姫路は開幕戦黒星

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/10/17
No image

試合に敗れ肩を落とす姫路の選手たち(撮影・滝沢徹郎)

<バレーボール・Vリーグ:日立3-2姫路>◇17日◇女子1部◇第1節◇アダストリアみとアリーナ(東町運動公園体育館)

バレーボールのVリーグが開幕戦が各地で行われ、茨城では女子1部昨季最下位のヴィクトリーナ姫路と同9位の日立リヴァーレが対戦。Vリーグで初採用されたスコートユニホームを着て戦った姫路はフルセットにもつれる熱戦を演じたが、2-3で惜敗。「スコート」デビュー戦を白星で飾れなかった。

テニスやゴルフで着用する選手が多い女性用のスコートに身を包んだ姫路の選手たちが、開幕戦で粘りを見せた。昨季1勝5敗と大きく負け越していた日立に対し、力強く躍動感のあるプレーを披露。上背のある相手選手の攻撃に対し、粘り強い守備とスピーディーな攻撃で対抗した。

序盤は日立のミドルブロッカー入沢、タップ・ハンナ(米国)ら鋭く速いスパイクに対応できずリードを許した。

2セット目と3セット目は姫路オポジットの田中や金杉らスパイカー陣が奮起し、姫路が連取。

4セット目は日立が奪い返し、その勢いのまま最終セットも取り、ホーム開幕戦で勝利を収めた。

【平山連】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加