犬が飼い主の首元で寝る時の心理5選

犬が飼い主の首元で寝る時の心理5選

  • わんちゃんホンポ
  • 更新日:2021/04/10
No image

犬が飼い主の首元で寝る時の心理3選

No image

皆さんの愛犬は一緒に寝室で眠っていますか。また、一緒に眠っている場合、飼い主のどの辺りで眠っていますか。今回は、犬の眠る位置の中から、犬が飼い主の首元で寝る時の心理を紹介します。

1.なるべく飼い主を感じられる近い場所で寝たい

飼い主の首元は、寝息や胸の鼓動などを感じられる最も近い場所です。このように飼い主の存在を身近に感じられる首元で眠ることで、より安心して眠れると考えている犬は多いです。

今でこそ敵のいない安全な生活を送っている犬たちですが、遥か昔は野生動物として生きていました。その際、就寝中に敵から襲われることもあったでしょう。そうした本能的に身を守る習性が現在も残っていると言われています。

リーダー的存在で信頼のできる飼い主の近くに眠ることで、何かあっても安心だという意識が本能的に働いていると考えられます。

2.飼い主を守ろうとする本能的な意識によるもの

犬は仲間意識が強い動物です。野生の時代では、多くの仲間と群れで行動していたと考えられる犬たちは、仲間として認識した相手を守る行動を見せることがあります。

特に、就寝中は敵に襲われやすいため、お互いに周囲を見張ることで、仲間を守っていたと考えられます。この野生時代の習性が今にも受け継がれており、本能的に飼い主を守ろうとして、襲われると危険な首元で寝ているという説もあります。

3.飼い主の匂いをより強く感じられるから

No image

飼い主の顔に近い首元は、飼い主の匂いを強く感じられる場所とされています。飼い主の匂いをより強く感じることで、犬は安心して休むことができるため、積極的に首元に近い場所で寝ようとするのです。

4.以前危険な目に遭ったため

飼い主と一緒に眠っていると、飼い主の寝相次第では愛犬が蹴られてしまったり、踏みつぶされそうになったりと危険な目に遭うことが時々あります。

しかし、飼い主は寝ているため、その状況に気づいていないことも多く、飼い主に踏みつぶされないように危険を回避するため、犬が自ら飼い主の首元へと寝る場所を移動させた可能性も考えられます。

5.単純に最初からそこで眠っていたから

No image

単純に、最初から首元で寝ていたという場合は、そこが自分の寝る場所だと認識しているため、なんの迷いもなく飼い主の首元で寝ている犬もいます。

特に子犬の時期は飼い主の近くにいたいという思いが強いため、首元で眠る子犬も多いでしょう。可愛い子犬が首元にやってきたら、それを許す飼い主も多いため、飼い主の首元で寝る習慣が身についていることが大きな理由となっている犬も珍しくありません。

犬が飼い主の頭付近で眠るのは良くないって本当?

No image

実は、犬と一緒に眠る際、犬が寝る位置によって飼い主との関係性が見えてくるという話が、少し前まで言われていました。

その説によると、犬は自分よりも格上の存在として認めている相手よりも上の位置に行かないため、頭付近で眠っている場合は、格下とみなされている可能性があるという話があります。

しかし、最近の研究によると、犬と飼い主の関係性において、犬が飼い主に対して「自分の方が上である」と主従関係を勘違いしているとは言い切れないと考えられています。それどころか、犬が飼い主に対して格下だと思うこと自体に疑問符を持つ研究者も多いそうです。

そのため、従来より言われていた飼い主の頭付近で寝ている犬は、主従関係を勘違いしているという説は、現在ではあまり重要視されていません。

枕を横取りされるなどの横暴な態度が見られる場合は例外ですが、単純に首元で眠っているだけで「うちの子は首元で寝ている…」と心配する必要は、今のところありません。

まとめ

No image

いかがでしたでしょうか。犬が飼い主の首元で寝ようとする心理は、犬によってさまざまです。一昔前までは、頭に近い位置で寝ている犬は、主従関係を勘違いしていると言われていましたが、その説にも疑問を持つ専門家が増えています。したがって、現段階では首元で眠る犬を無理に別の場所に移動させる必要はないでしょう。

■この記事を見た人はこんな記事も見ています!

犬と赤ちゃんが同居するメリットとデメリット!気を付けたいポイントまで

*********************

■わんちゃんホンポ

わんちゃんホンポは、ドッグオーナーさんとその愛犬自身の生活環境がより良く素敵なものになることを目指し、様々なおすすめ情報やツールを提供しています。

<ライター情報>
しおり

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加