最新ランキングをチェックしよう
ゴーン逃亡も防げた? ロシアの例から考える「鉄道セキュリティー」

ゴーン逃亡も防げた? ロシアの例から考える「鉄道セキュリティー」

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2020/01/20

ほとんどの読者が承知のとおり、2019年12月29日、保釈中であった日産自動車の前会長、カルロス・ゴーン被告がレバノンへ海外逃亡した。
今回の逃亡劇では関西空港のセキュリティーが話題となっているが、この逃亡は、仮にロシアだったら不可能だっただろう。なぜ、ロシアでは逃避行が無理なのか。今回は日露の鉄道セキュリティーを考えてみたい。
指定席なら車内改札はなかった
簡単ではあるが、ゴーン被告の海外逃亡を

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
スポーツドリンクに含まれる「電解質」には意味がないという研究結果
悪質デマ拡散...「ウイルス予防にお湯飲んで」
堀江貴文氏、日本国内のコロナ反応に「騒ぎすぎ」
「靴下の痕」は心不全の恐れ。危険な4つの症状と疑われる疾患
駅の壁にずらり...!スニーカーの無料配布が話題に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加