最新ランキングをチェックしよう
M6〜7クラスの大地震がいくつ発生しても「3・11」が終わらない理由

M6〜7クラスの大地震がいくつ発生しても「3・11」が終わらない理由

  • 週刊女性PRIME
  • 更新日:2016/12/01

ドーン!と突き上げるような揺れ。東日本大震災から5年8か月後の余震だった。震災後最大となる1・4メートルの津波が宮城・仙台港で観測された。次の大地震はどこで発生するのか。専門家が真っ先に挙げたのは震源地・福島県沖の“南”だった──。
茨城、千葉県沖が危ない理由
「東日本で次に地震活動が活発化しそうなのは福島県沖の南です。茨城、千葉両県の沖合でマグニチュード(M)6〜7クラスの大地震が数か月以内に発

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
長崎・トラックが横転、川に塩酸が流れ込む
最も危険なパスワードは「123456」 2016年に情報漏えいした1000万件を分析
南海トラフ 地震発生確率が急上昇「10年以内に20〜30%」
“南京大虐殺を否定する書籍”についてアパグループが回答 「問題であるとは考えていない」「本当の日本の歴史を広く知ってもらうため」
東海道新幹線なぜ雪で遅れる? 減速運転のワケ 背景に「先駆者」の悩み
  • このエントリーをはてなブックマークに追加