右膝痛の小野、筋肉付着部の炎症と診断

右膝痛の小野、筋肉付着部の炎症と診断

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/11/17
No image

右膝を故障した小野

12日の秋季キャンプ練習を欠席し、そのまま帰阪した阪神の小野泰己投手(23)が右膝内側の筋肉付着部の炎症と診断されたことが14日、分かった。病院に行き検査結果が出た。今後については様子を見ながらリハビリを進めていく。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ミキハウス・木村社長、阪神V&福留MVPならビッグプレゼント約束!
九州学院(熊本)編「ヤクルトドラ1村上輩出!開校100年を越える伝統校のつながり!」
「50発」「広背筋」「ピョン吉」...楽天新入団10選手の売り、目標、要望は?
阪神・金本監督、納会欠席の大和に賛辞「すごい戦力ですよ」
野村ホークスVs長嶋巨人!来年2・10宮崎でレジェンドたちが激突
  • このエントリーをはてなブックマークに追加