ホークス今宮 気迫の一撃 適時打 自己最多タイ56打点

ホークス今宮 気迫の一撃 適時打 自己最多タイ56打点

  • 西日本スポーツ
  • 更新日:2017/09/17

リーグトップの49犠打を誇る2番今宮が、大一番で勝負強さも発揮した。5回に明石の犠打で1死二塁と好機を広げて迎えた打席。「僕の前で送ってもらったので、何とか打ちたかった」と、野上の直球を捉え左前適時打とした。打点は昨季マークした自己最多の「56」と並び、攻守でチームに貢献。「優勝は何回、味わってもいい。いつも違う意味があります」と2年ぶりの歓喜をかみしめていた。

=2017/09/17付 西日本スポーツ=

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
巨人戦で左翼スタンドから物が投げ込まれる 福留の頭上を通過
すごくハミ出てます...... “カープ女子” 菜乃花、リーグ優勝をギリギリビキニで祝福!
ソフトバンク・東浜を“鷹のエース”に這い上がらせた「過酷すぎる猛練習」
清宮、プロ志望届提出の意思固める 近日中に会見
相手に重圧を与える代走の切り札の存在 意思統一された広島の走塁
  • このエントリーをはてなブックマークに追加