片山来夢は「悔しい」7位 逆襲へ「まだまだやりたいことがたくさんある」

片山来夢は「悔しい」7位 逆襲へ「まだまだやりたいことがたくさんある」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/02/15

◇平昌冬季五輪 スノーボード男子ハープパイプ決勝(2018年2月14日)

No image

スノーボード・男子ハーフパイプの片山来夢

平昌五輪は14日、スノーボードの男子ハーフパイプ(HP)決勝が行われ、日本からは前回ソチ五輪銀メダルの平野歩夢(19=木下グループ)、片山来夢(22=バートン)、16歳の戸塚優斗(ヨネックス)の3人が出場。平野は2回目で95・25点をマークし、銀メダルを獲得。片山は87・00点で7位だった。

片山は3回目の試技で軸をずらして縦に2回転、横に3回転半する「ダブルコーク1260」に成功。それでも90点台には届かず、7位に終わった。「悔しい」と第一声を上げ、「経験したことは次のステップにつながる。早く切り替えていきたい」と悔しげな表情。

再び「悔しい五輪でした」と唇を噛みしめ、「滑りとしては今シーズンで1番良かった。うれしいのもありますが、やはり悔しいです。まだまだやりたいことがたくさんあるので、そこに対してひたすら向かうだけですね」と前を向いた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

フィギュアスケートカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
中川翔子、羽生結弦の“ファンアート”が話題「喉仏まで美しく再現...」
羽生結弦“ショートトラックごっこ”でまさかの転倒 エキシビション練習
「ベタベタしすぎ」宇野昌磨の樋口コーチに心ないバッシングが相次ぐ理由
アイスダンスで仏代表の衣装はだける、選手は「悪夢」と涙 平昌五輪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加