最新ランキングをチェックしよう
腸内細菌の研究を進展させた世紀の発見とは?

腸内細菌の研究を進展させた世紀の発見とは?

  • BEST T!MES
  • 更新日:2016/12/01

善玉菌と悪玉菌
大人の腸内にもビフィズス菌がいることがわかった
さまざまな病気や老化の原因を作り、私たちの健康の鍵を握る重要な存在として、「腸内細菌」に注目が集まっている。「腸内フローラ(腸内細菌叢)」という言葉もよく耳にするが、腸の中で500種類100兆個以上もの細菌群が、まるでお花畑のように生態系を形成しているため、こう呼ばれるようになった。60年以上前から腸内細菌を研究し続けてきた、腸の世界

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
京大、有機EL素子の新しい発光機構と発光分子の設計指針を提案
気候変動がかつてない速さで永久凍土生態系、地域社会に影響 - 東北大
「ウォーター !」月の地下には想像以上の膨大な水があることが再調査で明らかに(米研究)
重量4グラム、世界最小の宇宙船を低地球軌道に打ち上げ成功
膵臓がんとの闘い、カギ握るのは「緑の海綿」か 米研究
  • このエントリーをはてなブックマークに追加