最新ランキングをチェックしよう
腸内細菌の研究を進展させた世紀の発見とは?

腸内細菌の研究を進展させた世紀の発見とは?

  • BEST T!MES
  • 更新日:2016/12/01

善玉菌と悪玉菌
大人の腸内にもビフィズス菌がいることがわかった
さまざまな病気や老化の原因を作り、私たちの健康の鍵を握る重要な存在として、「腸内細菌」に注目が集まっている。「腸内フローラ(腸内細菌叢)」という言葉もよく耳にするが、腸の中で500種類100兆個以上もの細菌群が、まるでお花畑のように生態系を形成しているため、こう呼ばれるようになった。60年以上前から腸内細菌を研究し続けてきた、腸の世界

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
未来に備えて植物の種を保管していたスヴァールバル世界種子貯蔵庫がついに使用される。シリア内戦の為
NASA次世代ロケット、まずは無人打ち上げへ トランプ政権の思惑はねのけ開発日程発表
海外の富裕層が押しかける「診療所」をほとんどの日本人が知らない理由
文系でもわかる「iPS細胞」を使った医療研究の最前線
あの世界最大の動物は今でも大型化している?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加