4日間にわたるメルボルンCカーニヴァル終了、寒波やスタンド改築で動員数減

  • netkeiba.com
  • 更新日:2017/11/13

11日の開催をもって終了した4日間にわたるメルボルンCカーニヴァルは、トータルで31万608人の観客を舞台となったフレミントン競馬場に動員した。

31万8854人を動員した前年に比べると2.6%、実数にすると8千人余りの減少となったが、フレミントン競馬場は現在、1億2800万豪ドル(約115億円)をかけてスタンドのメンバーエリアを改築中で、場内には立ち入り制限区域が多くあるためチケット発売数を限定。主催者のヴィクトリア・レーシング・クラブは、そうした事情を鑑みれば、想定したよりも少ない減少でとどまったという見解を発表している。

そんな中、メインイベントとも言える7日(火曜日)のメルボルンCデーは、前年の9万7479人から今年は9万536人と、率にして7.1%、実数にして7千人近くと、4日間の中で最も大きな落ち込みを見せた。午前中を中心に雨が降ったのに加え、日中の気温がここ10年のメルボルンCデーでは最低の16度までしか上がらないという寒波に見舞われたのが原因と見られている。

スタンドの一部改修は来年7月には完了する予定で、11月6日(火曜日)に予定をされているメルボルンCを含めて、2018年のカーニヴァルは新装されたスタンドで開催される運びとなっている。

(文:合田直弘)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
大塚家具 久美子社長と父親との親子ゲンカ以降、90億円もの預金が消えた
広がる中食市場、コンビニの“主戦場”に ファミマは来年度3工場増強
住宅を売却する前にリフォームする?しない?
セクハラ騒動付きの委任状争奪戦、決戦の行方は?
なぜ西日本で「おでん」のないセブン-イレブンが増えているのか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加