トム・ハーディ、自宅改修で近隣といざこざ

トム・ハーディ、自宅改修で近隣といざこざ

  • ナリナリドットコム
  • 更新日:2017/11/13

俳優のトム・ハーディ(40歳)が、自宅にクロム製の煙突を取り付けたことで近隣住民といざこざを起こしたようだ。

No image

トムは英リッチモンドの自宅に、許可を得たものと思いその煙突を取り付けたものの、実際には許可が下りていなかったようで、近隣住民との間に問題が発生したという。地元の役所にはトムの煙突が「景観を乱す」として相次いで不満が寄せられており、英紙デイリー・メールが入手したある住民からの手紙には「あの煙突は、家の改修に気を使ってきたリッチモンドという地域の景観を乱す本当に酷い汚点です」「あの煙突は常軌を逸しており、家や地域の格を高めるものでは全くありません」と書かれている。地元コミュニティは、トムの5億円相当のジョージアン・スタイルの自宅に手を加えるのは正しいことではないと考えているようで、リッチモンド・ソサエティは「この町の中心地にある18世紀の建物が、あのような趣味の悪いクロム鋼製の煙突を取り付けられて侮辱を受けるなど、信じがたいことです」とコメントしている。トムは同煙突の取り付けに対して遡って書類を提出したが、リッチモンド自治区から却下されている。しかしトムは却下に対して、「開発権」の条項のもと自身の意向は受け入れられるべきだと訴えているようだが、同件に関しては未だコメントしていない。自宅の改修は今回が初めてではなく、トムはここ数年に渡って拡張工事を施していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
来年3月から生まれ変わる小田急電鉄〝白紙ダイヤ改正〟の中身
新聞・テレビが触れられたくない「メディアの大特権」の話をしよう
白バイに止められて「最悪」と思ったら単にマフラー音を聴きたいだけだった! 「こういう人好き」「寿命が縮まる」
「鉄育」開始! 「走るSL教室」「SLかるた」などで郷土愛を育成 JR東日本高崎支社
都内で震度5強を想定 ヘリなど使い大規模訓練
  • このエントリーをはてなブックマークに追加