メッシ、貫禄の3発でW杯!崖っぷちアルゼンチン救った“滑り込み”3位

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/10/12

W杯南米予選(10日=日本時間11日、エクアドル・キトほか)前回ブラジル大会準優勝のアルゼンチンは敵地でエクアドルに3-1で逆転勝ち。勝ち点28で敗退圏の6位から3位に浮上し、12大会連続17度目の出場を決めた。FWリオネル・メッシ(30)=バルセロナ=がハットトリックで貫禄を示した。ウルグアイはボリビアを4-2と下し同31で2位、コロンビアはペルーと1-1で引き分け、同27の4位で出場権を獲得。5位のペルーはオセアニア代表のニュージーランドと対戦する大陸間プレーオフに回った。南米選手権覇者のチリは敗退した。

敗退圏の6位で迎えた最終戦。1974年西ドイツ大会から続いていたアルゼンチンのW杯出場が途絶えかねない危機を、メッシがハットトリックで救った。

「きょうは僕たちにとって大切な日だ。アルゼンチンが出ないW杯なんておかしいじゃないか」

エースが敗退ムードを一変させた。標高2800メートルの高地キトでエクアドルに勝ったのは、ロイター通信によると過去1度だけだった。試合開始直後に先制され、嫌な雰囲気が漂った前半11分、左からの横パスをアウトサイドキックで押し込み、同点。同18分には豪快に左上隅に決めた。後半17分には相手GKをあざ笑うかのようなループシュートで駄目押しゴール。背番号10が3発の大暴れで、主力にけが人が続出し不振の続いたチームを12大会連続のW杯に導いた。

これで南米予選通算21得点。スペイン1部リーグ、バルセロナで同僚のFWスアレス(ウルグアイ)と並ぶ歴代最多となった。あと一歩でタイトルを逃し続け、一度は代表引退を表明した30歳が正念場で貫禄を示した。

「私たちにとってラッキーだったのは、世界最高のサッカー選手の国籍がアルゼンチンだったことだ」とサンパオリ監督はエースに賛辞をおくった。

首都ブエノスアイレスのパブリックビューイング会場では、ファンからヒーローのメッシに対し「DIOS(神様)!!」との声が上がった。かつて背番号10を付け、1986年メキシコ大会で世界一になったマラドーナに並ぶ伝説になった証しだ。

「こういう試合をロシアでも続けられればいいね」。メッシはモスクワでトロフィーを掲げる姿を思い浮かべた。

リオネル・メッシ(Lionel Messi) 1987年6月24日生まれ、30歳。アルゼンチン・ロサリオ出身。13歳でバルセロナの下部組織に入団し、2004年に17歳4カ月でトップチームデビュー。その後、リーグ8度、欧州CL4度などのタイトルを獲得。W杯には3大会連続出場し、14年ブラジル大会MVP。08年北京五輪金メダル。09〜12、15年にバロンドール受賞。1メートル70、72キロ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
カシージャス 美人妻でも完敗
希望・小池代表 パリで敗戦の弁 「排除発言」で失速
【衆院選】小池百合子都知事は「逃亡中の女王」仏紙が皮肉
フラストレーション爆発でネイマール退場!パリSG指揮官や同僚は判定に不満「不公平だ」
セクシー女優 ペップの“虜”
  • このエントリーをはてなブックマークに追加