“尾木ママ”も現場で献花 バス転落事故から2年

“尾木ママ”も現場で献花 バス転落事故から2年

  • テレ朝news
  • 更新日:2018/01/14
No image

動画を見る(元記事へ)

15人が死亡した長野県軽井沢町のスキーバス転落事故から15日で2年です。ゼミの教え子を失った尾木直樹さんが献花に訪れました。

2016年1月15日、軽井沢町でスキーツアーのバスが道路脇に転落して乗客と乗員15人が死亡し、26人が重軽傷を負いました。14日午後1時半ごろ、教え子4人を亡くした尾木さんが献花台で手を合わせました。
事故で教え子を失った尾木直樹さん:「僕自身は一日も忘れたことはありませんし、4人の写真をいつも持っています。(2年経っても遺族は)何も変わらない。むしろ、悲しみが深くなっている。あれだけのずさんな運行をやっておいて、会社としての責任が問われないということはあり得ない」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
相鉄HD「追い出し」問題の実像、バスジャック解決の運転手も休職...会社側発言めぐり不当労働行為認定
22日(月)は都心で積雪のおそれ 南岸低気圧の影響
父を刺し死なせた慶應大生 恵まれた人生を覆った父のDV疑惑
【寒波】最後にもう1度だけ言うけど、来週  “とんでもないこと” が起こります / 月曜が合図で、そのあと終わりが来ます
遺体は不明の3歳男児 死因は低体温症か溺死 福井
  • このエントリーをはてなブックマークに追加