日経平均は105円安でスタート、任天堂はマドをあけての上昇を見せる格好に

日経平均は105円安でスタート、任天堂はマドをあけての上昇を見せる格好に

  • FISCO
  • 更新日:2017/03/21
No image

株式会社フィスコ

[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;19416.55;-105.04TOPIX;1560.62;-5.23

[寄り付き概況]

日経平均は売り先行で始まり、その後も下げ幅を拡大させるなか、19400円を割り込んできている。20日の米国市場は高安まちまちとなり、シカゴ日経225先物清算値は大阪比80円安の19270円、円相場は1ドル112円台半ばでの推移だった。

セクターでは、その他製品、ゴム製品、パルプ紙、精密機器、空運、海運、水産農林、食料品が堅調。半面、鉄鋼、不動産、銀行、非鉄金属、鉱業、その他金融、卸売、保険が冴えない。売買代金上位では、任天堂<7974>、東芝<6502>、ソニー<6758>、JT
<2914>、キーエンス<6861>が堅調。半面、ソフトバンクG<9984>、三菱UFJ<8306>、トヨタ<7203>、ファナック<6954>、そーせい<4565>、ファーストリテ<9983>が冴えない。

<SK>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
レストランは休業中 川越シェフが「世の中から忘れてもらいたい」
【東京モーターサイクルショー2017】コンパニオン...スズキ
森友・籠池氏、財務省と大阪府に「ハメられた」可能性...崩れる「国有地払い下げ」説
日本のODAは賢いやり方―日本華字紙
Teslaのソーラー屋根瓦、4月から予約受付開始へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加