日本ハム FA大野の補償は金銭「熟考の末に」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2018/01/14

日本ハムは14日、FAで中日に移籍した大野奨太捕手(31)の補償を、中日側に金銭で求めたことを発表した。この日、千葉・鎌ケ谷の2軍施設で日本ハム・吉村浩GMが明言。大野の昨季年俸は5500万円で、60%分となる3300万円が受け渡される。(金額は推定)

吉村GMは「熟考の末に」と前置きした上で、「本日、中日ドラゴンズに対してFA移籍に伴う人的補償を求めないと回答しました」と説明。理由については「お答えできません」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ロッテが臨時コーチに井口監督の師・島田誠氏を招請
阪神・糸井、ボディービルトレや!石井氏直伝“筋肉”でキャリアハイ出す
マイコ抜けたのが大きい!DeNA・ラミ監督、巨人は「去年ほど怖さない」
妻あさ美さんのため、日本ハム・杉浦、完全復活だ
オリックス・T-岡田、愛妻に恩返し打! 身重でも沖縄自主トレ同行&手料理用意
  • このエントリーをはてなブックマークに追加