福山雅治がNHK高校野球初のテーマ曲を書き下ろし「青春の輝きを僕なりの音楽で...」

福山雅治がNHK高校野球初のテーマ曲を書き下ろし「青春の輝きを僕なりの音楽で...」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2018/06/07
No image

NHKの高校野球放送のテーマソングを手がけることになった福山雅治

NHKは7日、今夏に全国高校野球選手権大会が第100回の記念大会を迎えることを契機に、同局の高校野球放送のテーマソングを制作し、歌手・福山雅治(49)が書き下ろすことを発表した。NHKが高校野球のテーマ曲を設定するのは初めて。今夏以降も高校野球中継や関連番組で使用し、長きにわたって親しまれる楽曲となりそうだ。現在、楽曲を制作中の福山は「『青春の輝き』を感じさせてくれる甲子園を、僕なりの音楽で表現できるよう頑張ります」と熱いコメントを寄せている。

この日、大阪市の同局で行われた局長会見で発表、詳細説明が行われた。

楽曲は7月上旬に完成予定。高校野球の試合中継だけでなく、スポーツニュース、関連番組などで広く使用してゆく。完成後には福山が曲に込めた思いなどを語る機会も予定している。

同局の長い高校野球放送の歴史の中で、初めてととなるテーマ曲を福山に依頼することになったNHKは「NHKが一番大切にしているふるさとや、家族への思い、ここに合致した方にテーマ曲をお願いしようと計画し、福山さんに快諾をいただきました。長く歌い継がれる楽曲となることを願い、制作をお願いしました」と説明した。

同局は高校野球を「日本人の原点を感じられるものとして長年中継してきた」とし、「ふるさとや家族を大切にする日本人の気持ちを表現」してきた福山だからこそ、「多くの方に共感いただける楽曲を制作していただけると考えています」と期待を寄せた。

福山は「この度のオファー、大変驚きました。と同時に大変光栄でございます。子供の頃からテレビ観戦していた伝統ある甲子園に、野球のイメージとはおよそかけ離れている僕が音楽で参加させていただけるとは夢にも思っていませんでした。」と驚きを告白。自身は小学校でソフトボールを、中学の3年間はブラスバンド部で過ごした経験があり、「甲子園という場所は、グラウンドもアルプススタンドも、憧れの全てが詰まっている場所です」と甲子園への憧れも説明した。

故郷・長崎から上京後も毎年、長崎の学校の試合をチェックしているという福山。「甲子園には、甲子園でしか表現することが出来ない感動があるように思います。いつまでも忘れられない、大人になってもずっと心の中で抱き続けている『青春の輝き』が。そんな『青春の輝き』を感じさせてくれる甲子園を、僕なりの音楽で表現できるよう頑張ります」とコメントしている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

高校野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【南北海道】100回目の夏へ!札幌西・中野主将100点宣誓「新たな歴史を」
「第100回全国高校野球選手権」福岡から史上初2校 南福岡70チーム、北福岡63チーム出場
大阪桐蔭Vs四條畷と関西創価の勝者 南・北大阪大会7・7開幕
高校野球沖縄大会が全国トップを切って慰霊の日に開幕 北部農林主将が宣誓
大阪桐蔭“春夏連覇”へ!史上初の夏が始まる 「関西創価-四條畷」の勝者と対戦
  • このエントリーをはてなブックマークに追加