ソフトバンク2年ぶりV 守護神サファテ6点差で胴上げ投手 柳田、デスパが“祝砲”

ソフトバンク2年ぶりV 守護神サファテ6点差で胴上げ投手 柳田、デスパが“祝砲”

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/09/16
No image

最後を締めガッツポーズのサファテ=メットライフドーム(撮影・金田祐二)

「西武3-7ソフトバンク」(16日、メットライフドーム)

優勝マジックを「1」としていたソフトバンクが、史上最速で2年ぶり20度目(1リーグ制2度、パ・リーグ18度)のリーグ優勝を決めた。

先発した東浜が6回2安打1失点、9奪三振の快投。失点は山川の17号ソロだけに抑え、リーグ単独トップの16勝目。M1としていたチームを、リーチ一発Vへ導いた。

打線は1点を追う四回、柳田の30号2ランで逆転に成功。

五回には左前打の先頭・高田をバントで送り、1死二塁とすると、今宮が左前への適時打を放ち、中村晃が左前打で続き、4番の柳田は右翼線への適時二塁打。3連打で2点を加えて、西武の先発野上をマウンドから引きずり降ろした。

引き分け以上でリーグVとなるソフトバンク打線は、攻撃の手を緩めず、代わった2番手の平井からデスパイネも一、二塁間を破る適時打で続き、2点を加点。この回、4連打を含む5安打を集中して4点を奪った。六回にはデスパイネの33号ソロで加点し、リードを6点に広げた。

七回からは2番手モイネロを投入して、万全の継投策。八回は岩崎が無得点に抑えた。

九回には今季51セーブのサファテを6点差でセーブのつかない状況でマウンドに送った。サファテは外崎に2点適時打を打たれたが、胴上げ投手に。

目前での胴上げは避けたかった2位の西武だったが、打線が投打に精彩を欠き、連勝も3でストップした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
清宮が「世界」で通用しなかった理由
【日本ハム】『2018ファイターズ定期券』23日から発売...札幌Dでの主催試合で利用可
早実・清宮、22日プロ表明!最大9球団ドラフト史上最多争奪戦か
【球界ここだけの話(1039)】阪神・メンドーサ、大谷のメジャー挑戦に太鼓判「どこにいっても活躍できる」
西武・野上 プロ初完封!4年ぶり10勝 元モー娘梨華夫人と支え合い「感謝」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加