巨人・堤GM、FA山口争奪戦は「それも想定した交渉はしていた」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2016/11/30

国内フリーエージェント(FA)権を行使した山口俊投手(29)が29日、DeNAの退団を表明。巨人・堤辰佳ゼネラルマネジャー(51)は東京・大手町の球団事務所で取材に応じ、再度ラブコールを送った。

DeNA退団即巨人入りではなく、一転、中日との争奪戦…。「単独とは最初から思っていなかった。いろんなところが(獲得に)来るであろうレベルの選手なので、それも想定した交渉はしていた」と堤GMは“想定内”を強調した。

巨人は11日の交渉解禁日に、山口本人と東京都内のホテルで初交渉。その後は代理人と連絡を取り合い、3年総額6億円とみられる金銭面だけでなく、先発の確約、新背番号などの条件を提示している。現時点で再交渉の予定はないが「向こうから何か言ってきたら、また分からない」と柔軟に対応する構えだ。

今オフはトレードで日本ハムから吉川光を獲得し、ソフトバンクから国内FA権を行使した森福とも入団交渉を行っている。投手陣の強化に全力を尽くしており「ここまできたら、ゆっくり考えてもらっていい。とにかく待っているだけ」と堤GM。ライバル中日の動向を注視しつつ、吉報を待っている。 (桜木理)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「神ってる」のは大谷翔平より松坂大輔!不条理な年俸格差に野球ファンがぶ然
各球団発表、12月8日の入団、背番号変更、スタッフ人事は?
阪神・北條、リオ金の土性から公開ラブコールに照れ笑い
FA史に残る嫌われ者!? 巨人移籍のDeNA山口に「出て行ってよかった」の大合唱
巨人、陽に“Vの使者”背番号「2」提示 小笠原、井端は加入初年度にセ界制覇
  • このエントリーをはてなブックマークに追加