ついにFIFAが動いた...人種差別チャント多発のロシアを処分、さきほど『スカイ』が速報

ついにFIFAが動いた...人種差別チャント多発のロシアを処分、さきほど『スカイ』が速報

  • ゲキサカ
  • 更新日:2018/04/17
No image

スポーツメディア『スカイ』は17日、3月27日にサンクトペテルブルクで行われた国際親善試合のロシア対フランス戦で人種差別表現があり、国際サッカー連盟(FIFA)が処分を下すことが決まったと報じた。

FIFAは3月末、ロシアの観客がフランス代表選手に対して人種差別行為を行ったとして、調査に乗り出すことを発表。各種報道によると、MFポール・ポグバやFWウスマン・デンベレらに対し、差別的なチャントが発されていたことが確認されていた。

同国では、UEFAヨーロッパリーグのゼニトライプツィヒ戦でも人種差別行為が確認されており、欧州サッカー連盟(UEFA)が調査中。ナショナルチーム、クラブチームを問わず、根深い問題となっている。

2か月後には、今回の問題が発生したサンクトペテルブルクを始め、国内12会場で世界最大の祭典W杯が行われる予定となっているロシア。今回、FIFAが公式に動いたことにより、この騒動はさらなる過熱を見せそうだ。

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!

2018W杯ロシア大会特集ページ

★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!

2018W杯ロシア大会日程&TV放送

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
動きのキレ増し、より脅威に。帝京の196cmFW赤井主将(5枚)
「次なるペップイズムを体現するクラブだ」、英誌が横浜FMの“あるゴール”に注目
世界驚愕の「85m弾」 GKの衝撃スーパーゴールに大反響「信じられない一撃」
バドミントン再春館が金銭的不正行為で元監督を告発
今夏フリーになる選手たち「理想の11人」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加