松坂大輔の現状に米メディア厳しい論調「著しい変化起きている」

松坂大輔の現状に米メディア厳しい論調「著しい変化起きている」

  • フルカウント
  • 更新日:2016/12/01
No image

松坂のウインターリーグ参加を米メディアもレポート

プエルトリコのウインターリーグ参加が発表されたソフトバンクの松坂大輔投手。メジャーから復帰した昨季途中に右肩の手術を受け、ホークス1年目は1軍登板なしに終わった。そして2年目の今年は10月2日の楽天戦で日本復帰後初登板が実現。しかしここでも1回を3安打4四死球1暴投5失点(自責2)と厳しい結果に終わった。

来季復活を目指す右腕。その動向に米メディアも注目しているようだ。ウインターリーグ参加が決まった36歳について、米メディア「ファンラグ・スポーツ」が「ダイスケ・マツザカがプエルトリコのウインターリーグ参加へ」との見出しで近況を伝えた。

記事では「ダイスケ・マツザカは野球選手としてのキャリアを諦めてはいない。プエルトリコでのウインターリーグに参加し、自身のキャリア安定を図ろうとしている」とレポート。だが、論調自体は手厳しく、メジャーから日本復帰後の成績や状況も紹介した上で、「レッドソックス移籍前、西武ライオンズの原動力として日本で活躍していた時期と比べると、著しい変化が起きている」とその現状に厳しい目を向けている。また、同記事では「(プエルトリコで)MLBの有望株と対戦するチャンスはあるが、メジャーに復帰することはできないだろう」とも報じている。

ソフトバンクと大型契約を結びながら負傷などに苦しんできた松坂。来季こそ周囲の厳しい評価を覆せるか。プエルトリコでは「ヒガンテス・デ・カロリーナ」の一員として約1か月のプレーを予定している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
難病克服のオリックス安達、糸井の穴埋める「30盗塁はしたい」
IOC理事会、2020年五輪 追加種目の会場を了承
各球団発表、12月7日の引退選手動向、コーチ、スタッフ人事は?
巨人まだ獲る メジャー30勝救援右腕リストアップ
新助っ人・キャンベルは成功する!元オリックスのメッツ・コリンズ監督が太鼓判
  • このエントリーをはてなブックマークに追加