オリックス1位指名は即戦力投手「開幕から投げて」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2016/10/20

オリックスは19日、ドラフト前日に都内で編成会議を開いた。1位については即戦力投手を指名する方針。

創価大・田中、桜美林大・佐々木ら数名にしぼって議論を重ねた。約3時間の会議が終了後、瀬戸山隆三球団本部長は「1位は決定していない。難しいですね。継続審議します」と結論が出なかったと明かした。福良淳一監督も「いろんな意見が出た。こっちの意見も言いました。4月から投げられる投手をお願いしている。来年勝負ということを考えたら、開幕から投げてもらいたいので」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
稲村亜美、平沢をガチ勝負で三振!球審が「神判定」
日ハム大谷は3億届かず...7000万円増の2億7000万円 ダルの5年目に並ぶ
巨人小山、楽天柿沢のトレードが合意
日本ハム大谷一発サイン予告 高卒5年目最高が濃厚
張本氏、号泣FA宣言で巨人入りの山口に「何で泣くんだろうね」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加