空手・植草「優勝したい」 アジア大会“慢心”敗退を教訓に 来月プレミアリーグ開幕

空手・植草「優勝したい」 アジア大会“慢心”敗退を教訓に 来月プレミアリーグ開幕

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2019/08/23

20年東京五輪テスト大会を兼ねる空手のプレミアリーグ東京大会(9月6日から日本武道館)の組手日本代表が都内で練習を公開した。

No image

植草(右)と斎藤でハートマークを作り笑顔を見せる空手強化選手(撮影・西尾 大助)

女子68キロ超級の植草歩(27=JAL)は初戦敗退した7月のアジア選手権を「慢心していた。スピードとパワーがついた分、雑な攻撃が増えて失点も増えていた」と分析。これまで道着など忘れ物が多かったが、メモを欠かさないようにして私生活から雑な部分を消すように努めていると明かし「練習の質を上げて優勝したい」と抱負を述べた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
神の手で降格阻止 J2福岡セランテス ケン坊がスーパーセーブの謎に迫った
石川真佑 途中出場でもチーム2位の7得点 「立て直す気持ちで入った」
中田監督、大敗の中に光明見いだす 石川真佑の活躍に「よく相手を見てる」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加