桐生祥秀が埼玉県から功労賞「住んで4年、これからも埼玉県で練習する」

桐生祥秀が埼玉県から功労賞「住んで4年、これからも埼玉県で練習する」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/10/13
No image

上田清司埼玉県知事(左)から表彰された桐生祥秀(中)

陸上の男子短距離の桐生祥秀(21)=東洋大=が12日、9月に男子100メートルで日本人初の9秒台となる9秒98の日本記録を樹立したことに対し、埼玉県の上田清司知事から同県庁で「彩の国功労賞」などを贈られた。

桐生は埼玉県川越市の東洋大川越キャンパスで練習しており「住んで4年たち、これからも埼玉県で練習するが、また9秒98を更新できるよう来シーズンも頑張る」と知事らにあいさつした。

今季は個人での試合は終わり、10月末の日本選手権リレーを残すのみで「最近はまったく陸上のことは考えていない」と苦笑い。冬季のトレーニングについては「室伏広治さんのところで週1回はトレーニングしたい」と9秒台につながった肉体改造は継続する考えを明かした。

来季はアジア大会(ジャカルタ)が最大の舞台となるが「レベルは世界とそこまで差はないので、タイトルを狙っていきたい」と金メダルを目標に掲げていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
ビートたけしが「唯一勝てないと思った芸人」を激白 ファンからも納得の声
女児への強制わいせつ容疑、人気アプリ会社役員を逮捕
挿入が浅いと欲求不満...満たされるための4つの対策
“必死すぎる猫” を撮らせたら右に出る者ナシ! 売り切れ続出、話題の写真集『必死すぎるネコ』の写真家・沖昌之さんに話を聞いてみた
清水良太郎、「キメセク常習疑惑」「電マ性癖」醜態の数々――風俗嬢の暴露で「復帰はアウト」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加