【一問一答】高梨沙羅、自己ワースト7戦連続V逸「食らいついて越せるように」

【一問一答】高梨沙羅、自己ワースト7戦連続V逸「食らいついて越せるように」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2018/01/16
No image

表彰式を前に声援に応える高梨沙羅=札幌市宮の森ジャンプ競技場(撮影・高部洋祐)

「ノルディックスキー・W杯ジャンプ女子」(14日、宮の森ジャンプ競技場)

男女通じて史上最多となる通算54勝目が懸かった高梨沙羅(21)=クラレ=は1回目は90メートルで3位だったが、2回目は93メートルを飛び、231・4点で今季自己最高の2位に入った。ただ、これで今季は6戦未勝利、昨季最終戦から7戦連続のV逸は自己ワースト記録となった。マーレン・ルンビ(23)=ノルウェー=が251・6点で前日に続く連勝で今季4勝目。今季2勝をあげているカタリナ・アルトハウス(21)=ドイツ=が230・2点で3位だった。

高梨の一問一答は次のとおり。

-今季初の2位

「前日よりも修正できていたし、その辺が結果に繋がったかなと思う。カタリナ選手(アルトハウス)の2本目は『力を出し切れていない』ということだったので、運も良かった」

-これで7戦連続V逸で自己最長となった

「まだまだ自分が完全ではない中で伸びしろもあると思っている。そうやってポジティブに考えられているのは成長かなと思う。勝ちたい気持ちは持っているし、(ルンビらに)食らいついて越せるようにしたい」

-今季のルンビの強さをどう見ている

「安定しているし、昨季よりもテークオフのインパクトの厚さがある。かなり男子的なジャンプを飛ぶ」

-次戦は蔵王

「自分も着実に前進できていると思う。やるべきことをやっていくしかない」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
清宮リタイア 右手親指の張り 打撃練習など回避
異例! フットサル1部神戸が自らの判断で2部降格
イチロー、日本球界に復帰する“最適球団”は古巣でも地元でもなく...
地元・仙台で駆け抜けた7年間 愛された元楽天29歳の足跡
日本復帰なら...中日 イチロー獲り 森監督意味深「話は進めてある」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加