乗り換え前に知っておくべき格安SIMのデメリットとは?

乗り換え前に知っておくべき格安SIMのデメリットとは?

  • @DIME
  • 更新日:2018/10/10
No image

月々の携帯料金を格段に安く抑えられる格安SIM。大手キャリアからの乗り換えを真剣に考え始めている人も多いのではないだろうか?

当然、その低価格は大きな魅力であるが、気を付けなければならないデメリットも存在する。乗り換えてから後悔しないためにも、事前にデメリットについて理解しておくことが大切だ。

やはり気がかりは通信速度?

多くの人がいちばん懸念しているのは、やはり通信速度だろう。そもそも、格安SIMは大手キャリア3社(ドコモ、au、ソフトバンク)から間借りした電波帯域を使用して提供しているため、大元であるキャリアの回線と比べると通信速度が遅くなったりする場合がある。特に利用者が多い昼12時~13時頃だと通信速度が遅くなりやすく、動画視聴などが難しい状態になることもあるので頭に入れておきたい。

また、地震などの大規模災害が発生した場合、急な通信量の増大に対応できる回線を確保できていないことが多いので、通信の混雑が起きる可能性もある。

もちろん、格安SIM各社によって、ユーザーの多さや帯域の量なども異なるので、格安SIMへの乗り換えを検討している人は、「通信速度」もひとつの指標として乗り換え先を選ぶと良いだろう。

格安SIMはLINEのID検索ができない!?

No image

格安SIMでもほとんど普通のスマホ同様にLINEを利用することができるのだが、ひとつ実現できない機能がある。友達を追加するときの「ID検索」である。

ID検索ができない理由は、未成年保護のため18歳未満の利用者や年齢確認ができない利用者についてはLINEがID検索機能を制限していることと年齢確認の際には大手キャリアの契約内容を利用していることもあり、格安SIM会社では「年齢認証」ができないため、ID検索もできない仕組みになっている。

もちろん、友達を追加するときには、他にも「QRコード」や「ふるふる」機能などが利用できるので、大きな心配は不要だが、格安SIMでは「ID検索」と「年齢認証」ができないということは覚えておいたほうが良いだろう。

クレジットカード決済しかできないの?

No image

現在、大手キャリアを利用している人の中には、口座振替で支払いを済ませている人も多いと思うが、格安SIMでは口座振替ができない場合もあり、料金の支払いにはクレジットカードが必須のケースもある。

ただし、今では多くの人がクレジットカードを持っているかと思うので、そこまで気にする必要はないだろう。また、「UQモバイル」や「楽天モバイル」などは口座振替にも対応しているので、格安SIMへの乗り換えの際には、一応確認しておくと良いだろう。

格安SIMの古いiPhoneではテザリングが使えないことも

No image

iPhoneユーザーが格安SIMへ乗り換える際、テザリングの対応状況は事前に確認しておくことが大切だ。というのも、iPhoneの場合は利用する大手キャリアの回線によって、テザリングが使えないケースがあり、特に古い機種のiPhoneの場合は注意が必要になってくる。

基本的に、ドコモ回線の格安SIMでは、一部例外があるもののiPhone 5s/5c以降の端末でテザリングを利用できる。一方、au回線の格安SIMの場合、「UQモバイル」と「BIGLOBEモバイル」でテザリングを利用できるものの、対応する機種は限られている。また、ソフトバンク回線の格安SIMでは、2018年4月からiPhoneでもテザリングを利用できるようになっている。

No image

メリット・デメリットをしっかり整理しよう

この他にも、大手キャリアで端末を購入する時は店員さんが最後まで案内して対応してくれるが、格安SIMではウェブ上で申し込む場合も多いので、届いた後は自分で開通手続きや初期設定などを行う必要があるなど、不便な点はいくつかある。

しかし、これまで見てきたようにいくつかのデメリットがあるといっても、大きな問題になるものは少ない。裏を返せばこれらのデメリットをクリアできるなら携帯料金を大幅に節約できるともいえる。格安SIMへの乗り換えを考えている人は事前にメリット・デメリットをしっかり整理しておくことが大事だろう。

文/praia

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
筆記用具のモンブラン、伝統と先端のスマートウオッチ「SUMMIT 2」
グーグル「Pixel 3」速攻レビュー! iPhone XS Max、HUAWEI P20 Proともプチ比較
Atermが無償アップデートで3倍高速に!
アドビ、ほぼフル機能のPhotoshopをiPadに投入へ
Adobe、iPad用「Photoshop CC」発表、デスクトップ版の機能をiPadでも
  • このエントリーをはてなブックマークに追加