悲報 26歳で早すぎる引退

悲報 26歳で早すぎる引退

  • スポルト
  • 更新日:2018/02/14
No image

怪我から回復する事が出来なかった

ハル・シティのMF、ライアン・メイソンは弱冠26歳にして引退を余儀なくされる事となった。
この若手選手は2017年初めにチェルシーとの試合中に空中戦でケーヒルとボールを競り合った際に激しく頭をぶつけ、命の危機に瀕する頭蓋骨の怪我を負った。頭蓋骨を骨折し、手術を強いられたメイソンはそれ以降、試合復帰を果たせずにいた。そして今週13日(火)ハル・シティが彼の引退を発表した。

ハル・シティはTwitterに以下の文章を投稿した。
「ひどく心を締め付けるものだが、クラブは2017年1月22日に頭部に重傷を負ったライアン・メイソンがサッカー選手として引退する事を発表しなければならない。」

メイソンは怪我と全力で闘ったが、重傷から復帰を果たす事はできなかった。彼自身もSNSを通して復帰に向けて根気強くハードワークを続けてきたものの、怪我に伴うリスクを考慮して引退する以外に選択肢がないという医師の勧告を受けた事を明かした。

その後、チェルシーやトッテナムなどプレミアリーグの複数クラブがメイソンへ激励のメッセージを送った。今後、ライアン・メイソンはピッチから離れたところでの新たな活躍を目指す。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
森岡亮太がアンデルレヒト移籍後初ゴール!2試合ぶりの先発出場で起用に応える
もし赤ちゃんのオリンピックがあったら...っていう動画がカワイすぎ! 雪上の競技に挑む姿にネット民はメロメロ
カーリング女子「そだねー」が流行語大賞に?女性ネットユーザー「イライラする」声も
森岡亮太、ベルギー名門移籍後初ゴール含む2得点。PKも獲得し、6試合ぶり勝利に貢献
北京へ五輪旗引き継ぎ=閉会式〔五輪〕
  • このエントリーをはてなブックマークに追加