最新ランキングをチェックしよう
不動産の「釣り物件」 おとりチェッカー活用などの自衛が重要

不動産の「釣り物件」 おとりチェッカー活用などの自衛が重要

  • しらべぇ
  • 更新日:2016/12/01

(Vimvertigo/iStock/Thinkstock)最近話題になっている「おとり物件」。不動産仲介業者が利用者を来店させる目的で、実際は取引できない架空の物件情報などを掲載する、“釣り”物件のことだ。昔から使われてきたと言われるこの手法、なぜ今になって問題がクローズアップされているのか?要因はこうした事案に対するマスコミ報道のほか、不動産公正取引協議会による本格的な対応強化に加え、賃貸物件

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
Amazonで詐欺が横行 アカウント乗っ取られ「2万件も取引」の恐怖
常磐線車内で「立小便」 ツイッター「放尿写真」に騒然
関東甲信 1時間30ミリの激しい雨も
香港へ片道180円 香港エクスプレス航空、セール対象路線追加
「消防車で団員が食事に」で謝罪 ネット「ご苦労様で済む話」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加