いつまで東京が面倒見るの? 地方創生を急がないとヤバい理由

いつまで東京が面倒見るの? 地方創生を急がないとヤバい理由

  • まぐまぐニュース!
  • 更新日:2017/11/13
No image

いつも読者からの質問に回答してくれる、メルマガ『永江一石の「何でも質問&何でも回答」メルマガ』の著者で人気コンサルの永江一石さん。今回は、近年マスコミでも取り上げられる「地方創生」についての質問です。日本の地方が廃れるのは「自然の摂理」とし、地方創生=善という流れに疑問を投げかける質問者に対して、永江さんはどう答えたのでしょうか?

そもそも何のために地方再生はすべきなのか

Question

No image

news picksなどの記事を見ていると、定期的に地方再生をテーマにした記事を見かけます。

私は毎回少し違和感を感じるのですが、どの記事も地方創生=善、という大前提で書かれていますが、そもそも何のために地方再生はすべきなのでしょうか?

確かに廃れるよりは活気がある方が良いと思いますが、需要のない不便な地域を無理やり再生することは、自然淘汰を妨げる気がします。東京一極集中のリスクヘッジでしょうか?地域再生の必要性について、永江様のご見解を教えてください。

永江さんからの回答

地方創生=善、ということでもなくて、根本的に、創生・再生しないと地方が生きていけないから推進されているのだと思います。

わたしは以前ブログで、団塊の世代が後期高齢者に突入、65歳以上の高齢者を54%の労働人口が支える「2025年問題」を紹介しましたが、地方ではすでにその段階も超えてしまっているのが現状です。

若年層は増えず、高齢者も亡くなっていく一方で、税収がものすごい勢いで減っている。観光収入がある一部地域はさておき、大半の地域は地方法人特別税で東京都の税収が分配されているからやっていけているだけであって、とても自立しているとは言いがたいのです。

スペインのカタルーニャ独立運動しかり、イタリアのベネト州・ロンバルディア州の自治権拡大要求しかり。世界に目を向けると、財政力が強い地域の税収を弱い地域に分配してきたことへの不満から、近年、国が割れる事態にまで発展しています。田舎のほうではぶらぶら遊んでいるやつがいるのに、何で自分たちが払った税金がそいつらに行くんだよと言っているわけです。

日本は今のところまだ、地方から東京に上京してきた人が多く、税金が地方に流れることに対して大きな不満の声は上がりませんが、20年も経てば地方と何のつながりもない、東京生まれの人が増える。そうなった時にも、地方への分配を同じように受け入れてくれるでしょうか。夕方5時には店を閉めてしまうような地域に、なぜ自分たちが残業して稼いだ税金が分配されるのか、自分たちへの恩恵もないのに……と不満が募ってもおかしくない。

ちなみに2025年問題を紹介した際、その5年後には「ベッドが圧倒的に足りなくなって、年間47万人が死に場所難民」と書きましたが、実はあれは東京の問題です。

東京の福祉を立て直すため、ここまでくると東京の税収は東京で使うよう制度を戻さなくてはならないはずですが、果たして戻せるのだろうか、と。

地方の人口が今より半減していたとして、いきなり分配を無くしたら充分な社会保障費も確保できないレベルになるのは目に見えています。そうなったら本当にゴーストタウン化する。だから今から必死で、自ら観光客を呼び込み自立しようとしているのだと思います。

image by:Shutterstock

MAG2 NEWS

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
娘が友人に睡眠薬を飲ませて、父親が強姦殺人! 韓国“奥歯パパ”父娘の「悪魔の所業」
公園で55分間、中1少女に性的暴行 逮捕された大学生の供述に怒りの声
「おまえ出てるぞ」ニヤニヤピンクの強制わいせつ犯 画像公開直後に出頭
イタリア 大物マフィア死亡「ボス中のボス」
国道で“あおり運転”のトラック 停車で飲酒が発覚
  • このエントリーをはてなブックマークに追加