毎日会いたくて?西野カナがマネージャーと半同棲の”お手軽愛”

毎日会いたくて?西野カナがマネージャーと半同棲の”お手軽愛”

  • デイリーニュースオンライン
  • 更新日:2016/11/30
No image

西野カナ「Just LOVE」より

マネージャーとタレントの恋愛沙汰はご法度。そんな芸能界の鉄の掟があらためて問われようとしている。11月28日、歌手の西野カナ(27)が“市川海老蔵(38)似のイケメンマネージャーA”と半同棲状態であると報じられた。西野カナのお手軽すぎる”禁断愛”をめぐって、ファンの間で賛否両論が起きている。

■公私混同?“恋愛ソングの女王”西野カナならOK?

恋愛ソングのヒットで知られる西野が、11月27日に全国アリーナツアー『Just LOVE Tour』を終えたばかりのタイミングで、半同棲をスクープされた。

同ニュースを展開した写真週刊誌『FLASH』(光文社)の12月13日号によると、西野はマネージャーA氏とペアルックでジョキングデートに興じ、買い物をして西野のマンションに帰宅。A氏は朝までマンションで過ごしてから事務所に出社。またA氏の同じ行動は度々ある様子で、「半同棲」の状態だとつづっている。

ファンの声は賛否真っ二つ。「おめでとう!」「この恋愛によっていい歌が生まれればいいな」と祝福ムードの意見から「タレントと付き合っちゃうってマネージャー失格じゃないの?」という批判まで様々だ。

なお西野の所属事務所ソニー・ミュージックアーティスツは、「一部週刊誌で報じられた件について、業務上一緒の時間が多いことは確かですが、記事の内容にあるような関係ではございません」と今回の一件を否定している。

タレントとマネージャーの恋愛沙汰は過去にも多く起きている。2001年には、当時結婚していた雛形あきこ(38)がマネージャーとの不倫疑惑を報じられた。またココリコの遠藤章造(45)やファンキー加藤(37)、ジミー大西(52)、アグネス・チャン(61)などは元マネージャーと結婚に発展した過去をもつ。

「女好きの男性タレントと美人マネージャー、あるいは寂しがり屋の女性タレントと聞き上手の男性マネージャーの組み合わせが情事になりやすい。西野の場合は後者になり、仕事が忙しければ忙しいほど友人に会う機会が減り、頼れる男性が自然とマネージャーだけになる。グラビアアイドルに手を出そうものなら制裁を食らうでしょうが、西野の場合は恋愛ソングを作るのが仕事。ですから、A氏が担当を外れる可能性は高いものの『恋愛は芸の肥やし』という解釈でギリギリ許されるのでは」(芸能関係者)

12月も音楽イベントに引っ張りだこの西野。禁断愛の発覚後は、どんな歌詞をつづるのか。新曲はファン必聴の作品となりそうだ。

文・佐々木浩司(ささき・こうじ)

※1980年群馬県生まれ。スポーツ誌の契約記者を経てフリーに。現在は主に、週刊誌やビジネス誌で活動中。得意分野は芸能、プロ野球、サッカーなど。主な著書に『洗脳のすべて』(宝島社)など。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
藤田ニコル、無断撮影された後の“神対応”が「有能政治家みたい」と大絶賛
あのM-1芸人、不倫&調子に乗りすぎで芸能界を干される危機か...先輩芸人から反感
テレ朝・田中萌アナのゲス不倫報道に乙武洋匡激怒「いまさら何を言ってるんだか」
松本人志 元ほっしゃん。引退騒動に「名前変えた頃からおかしかった」
元フィギュア村主がヌードになったワケ 極貧生活をTV告白
  • このエントリーをはてなブックマークに追加