錦織 ディミトロフに逆転勝ち、2年ぶり16強「次も攻める」

錦織 ディミトロフに逆転勝ち、2年ぶり16強「次も攻める」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/05/17

◇テニス イタリア国際(2018年5月16日 ローマ)

イタリア国際2回戦で熱戦を繰り広げた錦織(AP)

男子シングルス2回戦で世界ランキング24位の錦織圭(28=日清食品)が同4位のグリゴル・ディミトロフ(26=ブルガリア)に6―7、7―5、6―4で逆転勝ちした。

3時間近い熱戦を制すと、優勝したかのように両手を突き上げた。第1セットはリードを守れずにタイブレークで落としたが、第2、第3セットはディミトロフのバックハンドを丁寧に攻めながら、先にブレークされる劣勢から逆転した。終盤も激しいラリー戦を制して2年ぶりの16強入り。「劣勢からもいいプレーができた。次も攻めるプレーを心掛けてやりたい」。27日開幕の全仏オープンに向けてギアを上げつつ、3回戦では世界28位のコールシュライバー(ドイツ)と対戦する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テニスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
全仏予選 日本女子が全員敗退
錦織圭完全復活へ、大坂なおみ世界の頂点へ。 松岡修造が熱血トーク! グランドスラム第2戦の全仏オープンテニス5月27日開幕!
錦織、午前・午後の2部練習
ダニエル太郎 全仏予選で散る
【図解】「赤土の王者」ナダル、クレー大会における圧倒的成績
  • このエントリーをはてなブックマークに追加