西武炭谷は1億変わらず「鍛え直すつもりで」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2016/12/01

西武炭谷銀仁朗捕手(29)が1日午前、契約更改交渉に臨んだ。来季が2年契約の2年目で、年俸1億円の条件は変わらず。「選手会長なので、そちらの方の話の方が長かった。球団からは、優勝してくれと。そこに向かっていくというところで、僕らと球団と目標は確実に同じですから」と話した。

今季は117試合に出場し、打率2割1分8厘、1本塁打、22打点。「何もかも納得いってないし、悔しいのひと言ですね。振り返ると、シーズン中の練習が足りていなかった部分があった。来年は鍛え直すつもりでやりたい」と意気込んだ。(金額は推定)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
阪神北條「来年活躍」Xマス会で子どもたちと約束
人的補償候補は“1軍戦力”5、6人に オリ補強ポイントに合致する選手は?
「神ってる」のは大谷翔平より松坂大輔!不条理な年俸格差に野球ファンがぶ然
北條、病院訪問で子供たちに活躍誓う
大谷翔平が来オフにMLB行きを決断したらどうなる? 米メディアが解説
  • このエントリーをはてなブックマークに追加