豪雨被災地の全仮設が完成 朝倉市と東峰村

豪雨被災地の全仮設が完成 朝倉市と東峰村

  • 西日本新聞
  • 更新日:2017/09/17

九州豪雨で被害を受けた福岡県朝倉市と東峰村で新たに建設した仮設住宅43戸が完成し、被災者に16日、鍵が引き渡された。これで両市村に予定されていた100戸全てが整備され、入居を希望していた207人は再建へ向けた暮らしを始める。

新たな仮設住宅は朝倉市が3カ所に38戸、東峰村が5戸の計43戸。間取りは、先行して建設された57戸と同じく木造平屋で、1DKと2DKが中心となっている。

仮設住宅の入居期限は2年。豪雨で自宅や畑が被災し、朝倉市の避難所で過ごしてきた町田実さん(64)は、鍵を受け取ると「仮設住宅を足場に、家や畑の復旧を進めたい」と話していた。

=2017/09/17付 西日本新聞朝刊=

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
約300円で仕入れた“アディダス”を5000円で販売
「アイス万引きしてこい」 命令無視され仲間暴行か
中国当局、旅行会社に日本行き観光ツアー制限を通達
東大、東北大...国立大学で進む「雇用崩壊」の大問題
“性的興奮麻薬”製造の疑い、39歳男を再逮捕
  • このエントリーをはてなブックマークに追加