「パリ協定」で参院が審議 発効までの批准は困難か

「パリ協定」で参院が審議 発効までの批准は困難か

  • テレ朝news
  • 更新日:2016/10/19
No image

地球温暖化対策の新たな国際的枠組み「パリ協定」の批准案が参議院で審議入りしました。しかし、パリ協定が発効する来月4日までの批准は難しい情勢です。

パリ協定を巡ってはアメリカと中国の両国やEU(ヨーロッパ連合)各国が批准したことから、日本の批准を待たずに来月4日に発効することになりました。このため政府・与党は、来月7日からモロッコで開かれる気候変動の国際会議「COP22」までに国会の承認を目指す方針です。ただ、COP22にはルール作りに関わる締約国ではなく、オブザーバーとしての参加になります。政府・与党は「来月中旬以降に始まるルール作りの会議に間に合えば良い」としています。野党側は「TPP(環太平洋経済連携協定)よりパリ協定の審議を急ぐべきだ」と反発しています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

政治カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
東電向け交付国債枠13.5兆円に 事故処理費用倍増で
【民進・蓮舫代表会見詳報(下)】橋下徹前大阪市長の“忠告”は「さまざまなご指摘、謙虚に受け止める」
小池知事への代表質問。色々な事情があいまって
【党首討論】蓮舫氏「息をするようにウソ...」に、橋下徹氏がツイッターで批判 「蓮舫さんなんか二重国籍問題ではバリバリの嘘つきだ」
“カジノ法案”週内の採決断念

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

おすすめの特集

おもしろい・役立つ記事をピックアップ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加