NY株式:ダウは75ドル高、主要企業決算を好感

NY株式:ダウは75ドル高、主要企業決算を好感

  • FISCO
  • 更新日:2016/10/19
No image

株式会社フィスコ

18日の米国株式相場は上昇。ダウ平均は75.54ドル高の18161.94、ナスダックは44.01ポイント高の5243.84で取引を終了した。アジア・欧州株が全面高となる中、主要企業の好決算を受けて買いが先行。原油高も好感されたが、9月消費者物価指数や10月NAHB住宅市場指数が予想に一致する堅調な内容となり、利上げ観測の拡大が上値を抑えた。セクター別では、ヘルスケア機器・サービスや半導体・半導体製造装置が上昇する一方で家庭用品・パーソナル用品や消費者・サービスが下落した。

動画配信サービスのネットフリックス(NFLX)は会員数の伸びが予想を大きく上回る好調な決算を発表して大幅上昇。投資銀行のゴールドマンサックス(GS)や医療保険のユナイテッドヘルス(UNH)も、決算内容が好感され上昇。原油相場の上昇を受けてサウスウエスタン・エナジー(SWN)やチェサピーク・エナジー(CHK)などエネルギー関連会社が堅調推移。スポーツ用品のアンダーアーマー(UA)は米プロ野球リーグのMLBと2020年からのユニフォーム供給で合意し買われた。一方で、ITサービスのIBM(IBM)は粗利益率の減少が続くなど決算内容が嫌気され下落した。

検索サイトのヤフー(YHOO)はマーケット終了後に7-9月期決算を発表、一株利益は予想を上振れ、売上高は予想に一致した。時間外取引で上昇して推移している。

Horiko Capital Management LLC

<TM>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
OPEC減産合意は効き目なし?突如「伏兵」現わる
「自動ブレーキ」最下位の車は... 国交省が11車種をテスト
「極ZERO」酒税騒動を振り返る 発泡酒? 第3のビール?
トヨタ「ルーミー・タンク」1カ月で3万5000台受注
ユニクロで名字変えバイトしていたジャーナリスト、潜入ルポ発表後にいつも通り出勤 解雇を言い渡される
  • このエントリーをはてなブックマークに追加