選手会、巨人・山口俊の処分救済申し立て 団交応じないのは「不当労働行為」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/10/12

日本プロ野球選手会(嶋基宏会長=楽天)は11日、巨人・山口俊投手(30)の暴力トラブルを巡り、巨人と日本野球機構(NPB)が団体交渉に応じないのは不当労働行為に当たるとして東京都労働委員会に救済の申し立てを行った。都庁で会見した森忠仁事務局長は「将来の選手への影響もあり申し立てに踏み切った」とした。

選手会はこれまで都内の病院で男性警備員を負傷させたなどとして総額1億円以上の罰金、減俸などを科された山口俊の処分に対して、重すぎるとして再検討や撤回を要求。その交渉が一方的に打ち切られるなど不誠実だったとし、これらが不当労働行為に該当するとしている。NPBに対しても調査などを求めていたが、同様に合理的な説明がされていないとした。今後は双方が労働委員会から調査を受け、裁定を仰ぐ。和解のケースもある。

▼熊崎勝彦コミッショナー 申立書の内容を吟味しこれからどのように対応するかについて検討したい。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
巨人が村田のクビを決断! 今オフのFA選手が「巨人NG」を選択
清宮獲得のためにセ・リーグがDH制度導入検討
阪神メンドーサ帰国「また来年、戻ってこれたら」
巨人に問われる不退転の覚悟
ベースボールキング
ケンブリッジ飛鳥「もう1000日前」五輪商品手に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加