最新ランキングをチェックしよう
フジ、読売、朝日 三者三様の打算が重なった豊洲報道

フジ、読売、朝日 三者三様の打算が重なった豊洲報道

  • NEWSポストセブン
  • 更新日:2016/10/18

豊洲報道に各メディアの打算が働く テレビはワイドショーも報道番組も連日、“小池劇場”ばかり。新聞を開いても「豊洲」の見出しが躍らない日はない。だが、それらの一つひとつを検証してみると、建物の柱が傾いていた、地下水から基準値以上のベンゼン検出(ただし排水基準は満たしている)、石原慎太郎氏が調査協力拒否など、誤報から訂正、を繰り返している。これほどまでに訂正が続くのは珍しい。背景にあるのは視聴率や部数

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
小田急の「明日のことはとても考えられる状況にない」コメントが名言すぎると絶賛
【寒波】最後にもう1度だけ言うけど、来週  “とんでもないこと” が起こります / 月曜が合図で、そのあと終わりが来ます
雪かきで「お湯はダメ」助言が続々 本当?除雪の「プロ」の意外な見解
【社畜】関東民、大雪で帰宅困難になりそうと言われているのに満員電車で元気に出社!
京大論文不正:これでいいのか、日本メディア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加