日経平均テクニカル:いったん+1σを試す可能性も

日経平均テクニカル:いったん+1σを試す可能性も

  • FISCO
  • 更新日:2016/11/29
No image

株式会社フィスコ

続落。5日線を挟んでの推移となり、狭いレンジでのこう着に。ただし、売り込みづらい状況のなか、本日も陽線を形成している。一目均衡表では転換線が支持線として意識されている。週足形状では雲を上放れての推移が続いている。MACDは陽転シグナルが継続しているが、やや下向きで推移してきており、シグナルとの乖離が縮小している。パラボリックはSAR値が17900円を上回ってきているが、それでも実線との乖離は大きく、陽転シグナルは継続。ボリンジャーバンドは引き続き+1σと+2σとのレンジで推移。ただ、+1σに接近してきているため、いったんは+1σにタッチしてくる可能性はありそうだ。+2σは18600円を超えてきており、過熱感は後退している。

<WA>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
配偶者控除見直しで夫年収500万のパート世帯は5・2万円減税!?
ユニクロに1年潜入取材してみた!
財力がある「全国自治体ランキング」トップ10 浦安、軽井沢......
マクラーレンの新型スーパーカー、「ハイパー GT」...限定106台はすでに完売
電通“長時間労働”解消へ1割を人事異動へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加