「立ち止まってしまうことがよくある」aikoがインタビューでニューシングルについて明かす

「立ち止まってしまうことがよくある」aikoがインタビューでニューシングルについて明かす

  • E-TALENTBANK
  • 更新日:2017/12/07
No image

今回公開されたインタビュー内では、「私自身、“でも”とか“だって”という感情が生まれて立ち止まってしまうことがよくあるんです。精神的に堕落しすぎて動けなくなってしまうこともあるし。でもそんな状態を抜け出して前を向いていきたいと強く思ったからこの曲を書きました。気持ちを奮い立たせてくれる、自分にとっての道しるべになるような曲を作りたいなって」と表題曲『予告』に詰めた想いを語っている。

また、「この歌詞のように、がむしゃらに突き進む感覚っていうのは、ライブに来てくれたお客さんがいるからこそ抱けるものでもあるんですよ。自分にとってのライブという場所は今までにも増してものすごく大事なものになっているし、そこにある快感は他では絶対に味わえないものなんです。それを今年は『Love Like Rock vol.8』を通してたくさん経験することができたからこそ、こういう曲を作ることができたんだろうなとも思いますね」と、今年4月より行われたライブハウスツアー『Love Like Rock vol.8』を意識して歌詞が書かれた事も明かしている。

オフィシャルインタビュー内では、カップリング曲の『間違い探し』『月が溶ける』についても語っているので是非チェックしてみてはいかがだろうか。

さらに、12月8日(水)には、福岡・イムズプラザ特設ステージにて「FM FUKUOKA × aiko 『予告』スペシャルプログラム公開録音@イムズ」の公開録音を行ったaiko。この日は観覧無料で、事前応募者を対象に50組100名の優先観覧エリアが設けられた。

優先観覧エリアへの応募が殺到し、抽選にはずれてしまった1,000人をゆうに超えるファンが一目見ようと詰めかけ大変盛り上がった。こちらの模様は12月18日(月)21時より放送のFM FUKUOKA × aiko 『予告』スペシャルプログラムにてオンエアされるということなので、注目が集まるだろう。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

音楽カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
BOOWYの“Twitter Emoji”が期間限定で登場
三浦知良の声で始まる 「リポD」MVが無駄にカッコいい
赤西仁、現在は「気づいたら365日仕事」、独立して4年の経験を語る
X JAPANと過ごす快適な空の旅、ANA国際線で「WE ARE X」上映
MONO NO AWARE、故郷に思い馳せた「天下一舞踏会」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加